Young girl in black lingerie

エロ

girl wearing bikini

初めて使ってみようと思う人のためにAV見放題には無料のお試し動画も用意されています。チェックして気に入ったら契約すればいいので損した気分になることもありません。

エロとは「エロス」、「エロティシズム」、「エロティック」などの言葉を省略した形の略語である。
エロスとはそもそもギリシャ神話に登場する愛の女神の名前であり、人が人を愛する気持ちの象徴としての表現であった。
その後、さまざまな意味を表す語として用いられており、たとえば心理学者ジグムント・フロイトが人間の生物的本能である性本能を表す言葉としてこれを用いた。

愛や本能など人間という存在の根源的な部分に深く関わる言葉であると同時に性的なもの、とりわけ猥褻なものを表すときに使われる言葉でもある。
猥褻な画像や文章を収めた書物や、そのような動画を収めたビデオカセットやDVDなどを呼ぶときにその後の頭に付けられることもある。
むしろ現在ではこちらの意味で使われることが多く、ここでも性的な表現についてのもの、猥褻であるとされるものを示すときに用いられるものについて詳述する。

「イズム」は「主義・主張」や「ものの傾向」を表すが、「エロティシズム」と書かれるとき、後者の「ものの傾向」に関する言葉である。
芸術分野における志向あるいは傾向としてある、鑑賞するものに性的な興奮や欲望を喚起させることを言う。
女性の裸像を表現し、美しさと同時に興奮や欲望が喚起される、などといった場合である。この場合には本来は、そのことが必ずしも猥褻さと一致するわけではない。

これを主題とした芸術作品は、絵画や文学、音楽、彫刻、演劇や映画など、そのジャンルごとに存在している。
一部の好事家や上流階級向けに芸術が存在していた時代が過ぎ、やがて大衆文化の時代が到来すると、この傾向はより娯楽色を強め、大衆的になり、猥褻さの表現として絵画や文学の世界に現れて広く親しまれることになった。
日本における猥本や春画などといった種類のものが、近世以降の世界各地に存在したことが明らかになっている。


動画

big boobs girl wearing bikini

動画とは動く画像のことを指す言葉であり、言い換え可能の言葉として「映像」がある。
また特に「動画」というときには、特定の映像作品などを指すのではなく、何らかの傾向を持った映像を表現して使われる場合もある。
面白おかしく作られた笑いを喚起するような映像を「おもしろ動画」と呼んだり、エロティシズムを表現した映像を「エロ動画」と呼んだりするのがこれに当たる。

歴史は映画のとともに始まり、それから100年を超える時間の中で進化を遂げ、現在ではあらゆる場所で、携帯機器を通してデジタル映像を気軽に見ることが出来るようになっている。
ここでは動画が生まれ、発展した歴史とその活用について記す。

上述のように、映像の起源は映画の起源とともにあり、その歴史の歩みは映画とともになされた。
連続して撮影された静止画を繋げ、連続的に見せることによって、人間の目と脳の錯覚による残像効果で物が動いているかのように見せる技術に、その起源があった。

近代以前からその種の発明はいくつかなされてきたが、現在一般的に映画やその他の映像の形態が登場したのは1895年のこと。フランスのリュミエール兄弟が発明したシネマトグラフがその祖とされる。
その年のシネマトグラフ興行によって初めて人は、目の前に置かれたスクリーンに動く画像が映し出されるさまを見たのである。
トーマス・エジソンの発明した、キネトスコープという一人用の覗き穴が限界であった時代のことである。

1秒につき16コマの画像を繋げたフィルムと、アーク灯の強い光、一定の速度でフィルムを送るリールとそれを動かすモーターによって形づくられたシネマトグラフはその後、コマ数を変え、フィルムの材質を変え、音や色彩を帯びるようになって、現在見られるような形に進化していった。
そして現在ではフィルムではなくデジタルデータによる動画の撮影と保存、それをもとに映写を行う技術が確立され、一般的なものになりつつある。

動画あるいは映像という動く画像は、現実にある世界とそっくりのものを映しだして見る者に切迫感を与える。臨場感を与え、感情移入を促す効果がある。
このことは歴史上、さまざまな政治的な思惑や芸術的な志向、あるいは大衆の欲求を満たすものとして活用されてきた。
たとえば、第二次世界大戦前後にウーファ撮影所というハリウッドに匹敵する巨大な撮影所を建てたナチス・ドイツを始めとして、近代以降の先進国と言われたあらゆる国家が戦時のプロパガンダに映画を利用したという歴史的な事実がある。

現在では、何らかのニュースが報じられる際には不可欠なものとして存在するようになっている。
それによって人々は、今この時に起きていることは何なのかを知るのである。

画像

hot girl

画像とは何らかの物の姿が写っているものを指す。紙に絵が描いてあったり、印画紙に写真がうつっていたりすると、そこに存在している物がこう呼ばれることになる。
動画に対して静止画のことを呼ぶことが多く、たとえば「画像解析」は静止画ひとつを置いてそれについての詳細な分析を行うことを言う。

「証拠画像」や「エロ画像」などというふうに、語の頭に写しだされているものの主題を表す言葉を置いて活用する場合もある。
そこにあるものを正確に写しとることが出来るので、客観的に物事を判断しなければならない場合には、その判断を左右する有力な要素となり得る。
たとえば裁判の場において、証拠として高い信頼性が寄せられているのが静止画や動画などであるということも、このことを示している。

特に写真は高い客観性の上に成り立っており、物事を客観視する必要があるときに参照されることが多いものであるというのが前段に書いたことではあったが、今ではパソコン上に取り込まれたものについて、それほど手間を掛けずに加工することも可能になっている。
動画にしろ静止画にしろ、映像がデジタルデータとして存在することが一般的になった今では、専用のソフトウェアを用いることで、それが可能になる。

可能な加工は無数に存在している。ふたつの画像に写しだされている情報を合成して、ひとつにまとめること。カラーのものをモノクロにすること。
写真が撮られたときの照明の状況を操作することも可能で、逆光で色が黒く潰れたものに光を足して色を拾い上げることも可能になっている。
また法令によって、あるいは倫理的な観念から、画像内に存在するのがはばかられるものに対してはモザイクを掛けることも一般的な「加工」である。

画像はさまざまなことに利用されている。カメラで撮影された写真は記録全般として。思い出を記録したり、ある状況を記録して後に何らかの証拠として利用するための物などがこれに当たる。
写真技術が登場する前には絵がそれに代わるものとして存在し、肖像画や風景画は個人の顔形や姿を記録し、風景画はそれが描かれた時代を今に残す資料としての見方もなされる。

あるいは、何らかの表現媒体や娯楽の一種として写真や絵画が利用される場合もある。
抽象画や宗教画は現実には存在しないものを表出させることで、芸術性や宗教性を表現する。
そして、たとえばアイドルの写真集やフォトブックのような書籍は、娯楽の一種として市場に出ることになるのである。

手軽に利用できる

sexy girl

男性は、女性に比べるとどうしても性欲が強いため、性欲が溜まりやすい性質にあります。
そのため、定期的に溜まった性欲を解消する男性が非常に多いです。性欲を解消する方法としては、さまざまな方法があります。

彼女やセフレという存在がいるのであれば、セックスをすることで解消することができますが、人によってはそういう存在がいるとは限りません。
さらに言えば、彼女がいるとしてもムラムラしている時に都合が合うとも限りません。

そういった際は、風俗を利用する人もいます。風俗を利用すれば、魅力的な風俗嬢に抜いてもらうことができます。
テクニシャンも多いので、日常では味わえないような快感を体感することができる可能性もあります。
しかし、風俗を利用するには、当然のことながらお金が必要です。安いところは安いですが、高いところは数万円もするようなところもあります。
そう考えると、お金に余裕がない人にとっては通うのに抵抗があると言えます。

ですが、性欲を解消する方法としてはそれだけではありません。
「オナニー」という方法があります。オナニーとは、自慰行為という意味で、つまりは自分で性器を触ったりして性欲を解消するというものです。
人によっては、妄想だけで興奮を高めて射精を促進させる人もいますが、多くの人はエロ動画・アダルト動画を利用します。

エロ動画・アダルト動画には、さまざまなジャンル・バリエーションがあり、それぞれの性癖などに合わせて楽しむことができます。
エロ動画・アダルト動画は、インターネットを利用すれば無料で観ることができます。

自分好みの女の子が出演しているエロ動画・アダルト動画を観れば、より気持ち良く楽しいオナニーを行うことができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加